「純米吟醸玉乃光」 の検索結果 139件

玉乃光 純米吟醸 辛口 KARAKUCHI 720ml【京都伏見】玉乃光酒造(株) 【京都の酒 日本酒 清酒 京都の地酒】

e酒どっと呑む。

1,296

玉乃光 純米吟醸 辛口 KARAKUCHI 720ml【京都伏見】玉乃光酒造(株) 【京都の酒 日本酒 清酒 京都の地酒】

玉乃光が醸す 極上の辛口 日本酒度の高さもさることながら、酸度を高く上げることで濃厚な味わいを持ちながらもキレがあり飲み飽きしない「濃醇辛口」の純米吟醸に仕上がっています。脂っこい料理や味の濃い料理との相性もよく、淡麗辛口とは違ったお酒です。 ■種別 清酒 純米吟醸酒 ■産地 伏見 ■製造元 玉乃光酒造(株) ■容量 720ml ■アルコール度数 15.4度 ■原料米 酒造好適米 ■精米歩合 60% ■日本酒度 +8 ■酸度 1.8 ■アミノ酸度 1.5 ※この商品は出荷まで3~4日かかる場合があります。ご了承ください 。 玉乃光酒造の酒一覧はここをクリック京都のお酒すべてはここをクリックよい酒づくりは、よい米づくりから 清酒 玉乃光酒蔵 初代中屋六左衛門が延宝元年(1673)、和歌山市にて紀州徳川藩の免許で創業。 昭和39年、業界に先駆けて、アルコール、糖類を添加しない「無添加清酒」(今日の純米酒)を発売、日本の伝統文化である清酒の本来の姿は米100%の純米酒にあると主張してきた蔵元。 酒銘の「玉乃光」は、代々熊野の速玉(はやたま)神社を信仰し、宮司より主神の天照大神の御魂(玉)がはえるようにとの願いを込めていただいたもの。 贈答品としても喜ばれる 京都のお酒♪ 京都伏見 玉乃光 純米吟醸 辛口 720ml詰 冴え渡る辛口ならではの存在感。天然の酸味がもたらす爽快なキレ奥ゆかしささえ感じられる米の余韻が愉しめる。

玉乃光 酒鵬 純米大吟醸720ml【京都伏見】玉乃光酒造(株) 【京都の酒 日本酒 清酒 京都の地酒】

e酒どっと呑む。

1,382

玉乃光 酒鵬 純米大吟醸720ml【京都伏見】玉乃光酒造(株) 【京都の酒 日本酒 清酒 京都の地酒】

安定感抜群の蔵「玉乃光」の 技が冴える! 程好い酸味と、ほのかに感じる 上品な米の旨味。 飽きることなく味わえる食虫酒に おすすめの純米大吟醸酒。 米本来の美味しさを追求した、 日本の姿です。 ■種別 清酒 純米大吟醸酒 ■産地 京都・伏見 ■製造元 玉乃光酒造(株) ■容量 720ml ■アルコール度数 15~16度 ■原料米 国産米100% ■精米歩合 50% ■日本酒度 +3 ■酸度 1.6 ■アミノ酸度 1.2 ※この商品は出荷まで3~4日かかる場合があります。ご了承ください 。 玉乃光酒造の酒一覧はここをクリック京都のお酒すべてはここをクリックよい酒づくりは、よい米づくりから 清酒 玉乃光酒蔵 初代中屋六左衛門が延宝元年(1673)、和歌山市にて紀州徳川藩の免許で創業。 昭和39年、業界に先駆けて、アルコール、糖類を添加しない「無添加清酒」(今日の純米酒)を発売、日本の伝統文化である清酒の本来の姿は米100%の純米酒にあると主張してきた蔵元。 酒銘の「玉乃光」は、代々熊野の速玉(はやたま)神社を信仰し、宮司より主神の天照大神の御魂(玉)がはえるようにとの願いを込めていただいたもの。 贈答品としても喜ばれる 京都のお酒♪

玉乃光 純米吟醸酒 山廃仕込み CLASSIC 1800ml【京都府・伏見】玉乃光酒造(株) 1.8L 【京都の酒 日本酒 清酒 京都の地酒】

e酒どっと呑む。

2,700

玉乃光 純米吟醸酒 山廃仕込み CLASSIC 1800ml【京都府・伏見】玉乃光酒造(株) 1.8L 【京都の酒 日本酒 清酒 京都の地酒】

「山廃仕込」という伝統的な手法で通常の倍の時間をかけて醸しました。米の旨味を見事に表現した濃醇な酒は食欲をそそり、豊かな酸味が心地よく感じられます。 ■種別 清酒 純米吟醸酒 ■産地 伏見 ■製造元 玉乃光酒造(株) ■容量 1800ml ■原材料名 米(国産)、米こうじ(国産米) ■原料米 国産米 100% ■精米歩合 60% ■アルコール分 16度 玉乃光酒造の酒一覧はここをクリック京都のお酒すべてはここをクリックよい酒づくりは、よい米づくりから 清酒 玉乃光酒蔵 初代中屋六左衛門が延宝元年(1673)、和歌山市にて紀州徳川藩の免許で創業。 昭和39年、業界に先駆けて、アルコール、糖類を添加しない「無添加清酒」(今日の純米酒)を発売、日本の伝統文化である清酒の本来の姿は米100%の純米酒にあると主張してきた蔵元。 酒銘の「玉乃光」は、代々熊野の速玉(はやたま)神社を信仰し、宮司より主神の天照大神の御魂(玉)がはえるようにとの願いを込めていただいたもの。 贈答品としても喜ばれる 京都のお酒♪ 京都・伏見 玉乃光酒造 玉乃光 純米吟醸酒 山廃 1.8L詰 山廃仕込(やまはいじこみ)」という日本酒の伝統的な製法で、通常の倍以上の時間をかけて醸しました。 これぞ日本酒クラシックとも言うべき濃淳な味わいです。

玉乃光 94(串、クシ) 純米吟醸 720ml (日本酒) 【05P02Sep17】 【PS】

サカツコーポレーション楽天市場店

1,210

玉乃光 94(串、クシ) 純米吟醸 720ml (日本酒) 【05P02Sep17】 【PS】

大切なあの方へ。ギフトラッピングはこちらから ≫≫≫ 「94」は、味覚センサーを使い、焼き鳥との究極の相性を追求した、濃醇な味わいが特長のぬる燗でおいしい純米吟醸酒です。 慶應義塾大学とAISSY株式会社により共同開発された人工知能が内蔵された味覚センサー「レオ」を使用して、複数の条件による相性度の検証を実施しました。その結果、どの条件でも相性度が87%以上という高い数値を得ることができる日本酒の開発に成功しました。これにより従来とは一線を画す科学的根拠を獲得することができました。とりわけ、この「94」を燗酒にして、タレ味の焼き鳥と食べ合わせた場合、その相性度は97.8%という驚愕の数値を叩き出しました。 この度の味覚センサー「レオ」で分析した結果の内、一番相性が良かった“燗酒にした「94」"と“タレ味の焼き鳥"を5 基本味で表したものが左のグラフになっています。相性が良い組み合わせとは、いかに相手の良いところを潰し合わず、足りないところを補い合っているかという点で判断されます。タレ味の焼き鳥は甘味、塩味、旨味が強い反面、酸味、苦味が弱い食材と言えます。そこに「94」を合わせることで、足りなかった酸味と苦味が補われ、口中に味わいのバランスが生まれるのです。実際に、基本味の最大値を線で結ぶと綺麗な五角形が現れますが、それが相性の良さを示す何よりの証拠です。 ラベルには、高級店の焼き鳥(もも肉・タレ)をイメージしたリアルな絵が描かれています。また、上から3 番目の肉には、焦げ目が描かれていますが、実は日本列島の隠し絵(写真)になっているという、遊び心が溢れたデザインになっています。今にも飛び出してきそうなそのリアルさが、なんとも食欲をそそります。 ●生産地:日本/京都府 ●精米歩合:60% ●アルコール度数:16% ...

玉の光 純米大吟醸酒 備前雄町100% 720ml 【京都府・伏見】 玉乃光酒造(株) 【京都の酒 日本酒 清酒 京都の地酒】

e酒どっと呑む。

2,484

玉の光 純米大吟醸酒 備前雄町100% 720ml 【京都府・伏見】 玉乃光酒造(株) 【京都の酒 日本酒 清酒 京都の地酒】

幻の酒米といわれた「雄町米」特有のやわらかな吟醸香。天然(米100%)の酸味と旨みが調和したスッキリとした飲み口。 ふっくらとした厚みを感じさせるボディ。なめらかな喉越し、いつまでも飲み飽きしない逸品です。 原材料名 : 米(岡山県産)、米こうじ(岡山県産米) 原料米 : 雄町(岡山県産)100% 精米歩合 : 50% アルコール分 : 16度 玉乃光酒造の酒一覧はここをクリック京都のお酒すべてはここをクリックよい酒づくりは、よい米づくりから 清酒 玉乃光酒蔵 初代中屋六左衛門が延宝元年(1673)、和歌山市にて紀州徳川藩の免許で創業。 昭和39年、業界に先駆けて、アルコール、糖類を添加しない「無添加清酒」(今日の純米酒)を発売、日本の伝統文化である清酒の本来の姿は米100%の純米酒にあると主張してきた蔵元。 酒銘の「玉乃光」は、代々熊野の速玉(はやたま)神社を信仰し、宮司より主神の天照大神の御魂(玉)がはえるようにとの願いを込めていただいたもの。 贈答品としても喜ばれる 京都のお酒♪ 京都伏見 玉乃光酒造 備前雄町100% 玉乃光 純米大吟醸 720ml詰 米は酒米元祖、備前雄町100% 天然の酸味の利いたうまい酒。 米の良さを生かしきった酒本来の姿が、ここにある。

こだわりのお酒・ドリンクの純米吟醸玉乃光、発売中!当社自慢の一品。世界各国・全国各地のお酒・ドリンク。種類豊富な純米吟醸玉乃光をカンタン検索・比較できます。贈り物にも、まとめ買いにもどうぞ。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、お酒・ドリンクをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいお酒・ドリンクが充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「純米吟醸玉乃光」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ