「極上黒松剣菱」 の関連商品を含む検索結果 10件

剣菱 極上 黒松剣菱 超特選 1800ml化粧極入り【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】

とみづや千本酒店

2,999

剣菱 極上 黒松剣菱 超特選 1800ml化粧極入り【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】

ギフト対応 剣菱極上黒松剣菱超特選 極上黒松剣菱超特選 黒松剣菱超特選 黒松剣菱超特 極上黒松剣菱 剣菱極上黒松 剣菱極上 極上黒松剣菱灘五郷の一つ、御影郷に本拠を構える老舗蔵元。正確な創業年は記録が残っていないため不明ですが、永正2年(1505年)頃の史料に「剣菱」という名の酒の記録があることから500年以上前から存在する銘柄です。 晩秋頃から仕込みを始め、春先から秋まで寝かせる「寒造り」と呼ばれる伝統的な製法を今もなお守り続け、吉野杉で造られた甑と相俟って濃厚な味わいときれのある口当たりに特徴があります。 極上 黒松剣菱 超特撰は、酒造好適米、兵庫山田錦などをふんだんに使い、充分に熟成・貯蔵したお酒。 濃醇で力強くやや甘口で、熟成した風味とコクがあります。 オススメの飲み方は、ぬる燗40度位で 家庭でも手軽に晩酌出来る日本酒です。 また冷や、ロックでもおいしく頂けます。 このお酒は、最低でも1年以上貯蔵タンクで熟成されたもので、味の奥行きと、のどごしの良さが特徴です。 【アルコール度数】16度以上17度未満 【原料米】山田錦・愛山 【日本酒度 】-1〜+1

こちらの関連商品はいかがですか?

剣菱酒造 黒松剣菱 瑞穂 720ml

リカープラザ藤井 楽天市場店

1,620

剣菱酒造 黒松剣菱 瑞穂 720ml

産地 神戸市東灘区御影本町 容量・度数等 名称:清酒 容量:720ml 度数:17度 原料米:兵庫県産山田錦 保存方法:直射日光、高温多湿を避けて保存してください。 商品について 永正2年(1505)以前の創業以来、伊丹から灘へと醸造の舞台を移しながら、500年以上にわたり剣菱は造り続けられてきました。 剣菱酒造の原点は、江戸時代末期に書かれた「守貞謾稿」(のちの「近世風俗史」)のなかで剣菱の商標とともに記された「古今第一トス」の文字。「昔も今もいちばん良い酒である」といわれた剣菱を「今」に受け継いでいることに、強い誇りと使命感を持っております。 兵庫県産山田錦を使用し、2年以上熟成させた酒のみをブレンド。 優雅な香りと、剣菱ならではのコクのある円熟な味わい。華やかな余韻を残しつつも、後味の引かないキレの潔さ。その贅沢な駆け引きが織りなすふくよかな奥行きが1杯、2杯と味わい深く、飲むたびに新たな発見をさせてくれます。 剣菱の商品には、精米歩合のラベル表示をしておりません。理由は、毎年異なる条件下で育ったお米のできに合わせて精米歩合を変えているからです。すべては、変わらぬ味を守り続けるため。 “肩書き"よりも“味"。それが、剣菱酒造のポリシーです。 剣菱の酒は一般的な日本酒のように無色透明ではありません。それは、ろ過をし過ぎて色と一緒に旨みまで抜けてしまわないよう調整しているためです。剣菱の色の濃さは、いわば味の濃さの証といえます。 お願い お酒は20歳になってから。 未成年者の飲酒は法律で禁止されています。 商品画像とは色・形などが若干異なる場合がございます。 また、予告なく商品がリニューアルする事がございます。 これらの理由の返品・交換はお客様都合となります。

<兵庫県>黒松剣菱 特撰

Yoshiya直輸入フランスワイン

1,214

<兵庫県>黒松剣菱 特撰

コメント 濃醇でやや甘口といったところ、ほろ苦さも感じられるところから「辛口」といわれる向きもある。 ※こちらは取寄せ商品になりますので、お届けまで4〜5日程かかる場合がございます。予めご了承下さいませ。 都道府県名 兵庫県 酒造元 剣菱酒造 原材料名 米・米麹・醸造アルコール 原料米 山田錦 精米歩合 70% アルコール度 16〜17° 容量 900mlゆっくり、じっくり、とっくり♪ 長い夜のおとも 会話がなくてもいい時間… 贈答用にもおすすめです。 <兵庫県> 黒松剣菱 特撰 言わずと知れた灘の銘酒「剣菱」、永正年間(1504年〜21)には、すでに伊丹の地で造られていたが、たしかな創業年はわかっていない、いずれにしても500年近くの歴史をもつ由緒ある銘柄です。 創業者の屋号が「稲寺屋」といい現在のようなラベルのデザインになったのが江戸時代中期のこと。江戸川柳のなかでもたびたび登場したり、赤穂47人士が蕎麦屋の2階で飲んだ酒が「剣菱」だったということで、「忠臣蔵」にも登場しています。 長い歴史に彩られた「剣菱」ですが、これだけの歴史があるとその間、何度か所有者が変わっています。 大正の終わりに引き継いだのが現在の「剣菱酒造」です。昭和4年に創業地伊丹から現在の灘・御影郷に移転はしたものの、この由緒ある「剣菱」の味は変えられないという方針には変わらず、他社が多彩な種類を競って出しているなか、いずれも本醸造酒の「剣菱」・「黒松剣菱」・「極上黒松剣菱」と、冬期間のみ発売している純米酒を3〜5年寝かせた純米古酒「瑞祥黒松剣菱」の4種類のみ。 山田錦が出来てきた頃に、仕込みを始め、寒造りで春に仕上がった酒を寝かせて秋が来て出来上がる、いわゆる「秋晴れがする酒」を造りつづけ、山田錦と山廃酵母にこだわり、高精米な吟醸酒や生酒などの商品も決して造ら...

菊正宗 特撰 1800ml [兵庫県]

全2商品

2,050

菊正宗 特撰 1800ml [兵庫県]

「特撰」の名にふさわしい、菊正宗のハイスタンダード 料理に合わせて美味しいお酒を信条とする菊正宗のスタンダードは、ほんの少しだけアルコールを添加することですっきりした味わいを実現する本醸造。中でも「特撰」は、山田錦をはじめとした酒造好適米や宮水(ミネラル組成が酒造りに最適といわれる六甲山の伏流水)を用い、丹波杜氏が江戸時代から現代に受け継ぐ伝承の技「生もと造り」でじっくり丁寧に仕込んだ上級のお酒です。 生もと(きもと)造りは、天然の乳酸菌の力を借りて強く優良な酵母を育む、昔ながらの醸造法 もと摺り(山卸し)作業。酒造りの根幹である、もと(酒母)を蔵人の手で丹念に仕込む 丹波杜氏が伝統の酒造りを守り続ける、菊正宗の嘉宝蔵 山田錦などの酒造好適米を使用(写真は山田錦の産地、兵庫県三木市吉川町にて) お刺身などの和食や魚料理とは、もちろん相性抜群 冬は50度くらいのお燗と鍋料理で体をあたためるのもおすすめ 【伝承の技「生もと造り」とは?】 もと(酒母)とは、酒造りの基礎となる酵母の培養液。酵母の純粋培養=雑菌の淘汰のために乳酸の殺菌力を用います。現代では市販の乳酸を添加して工程を省く手法が一般的ですが、生もと造りでは天然の乳酸菌に乳酸を生成させながらじっくりと酵母が育つ環境を整え、その中で生き残る強い酵母を自然に選別します。 生もと造り酒の特徴 雑味成分の少ない、すっきりしたお酒になる 旨み成分のひとつ、ペプチドをたくさん含むお酒になる →他の醸造法では両立が難しい、「すっきり」と「うまい」を高いレベルで実現

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「極上黒松剣菱」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ