「栗焼酎」 の検索結果 673件

栗焼酎 媛囃子(ひめばやし) おくりおくら 25度 720ml 【愛媛の焼酎】

全2商品

1,328

栗焼酎 媛囃子(ひめばやし) おくりおくら 25度 720ml 【愛媛の焼酎】

日本で初めて栗焼酎を作った酒蔵の焼酎!! 全国屈指の栗の産地、四国・奥伊予。 この地で200年も続く焼酎専用の小さな酒蔵が、日本初の栗焼酎を世に出したのが約30年前。そして今『より愛される栗焼酎をつくりたい』という思いで、「おくりおくら」を誕生させました。 100%産地の生栗を使った焼酎づくり★ 栗は鬼皮と渋皮を一粒一粒丁寧にむき取り、 水は森の湧き水を使い、 じっくりと低温蒸留した後、3年間貯蔵熟成。 原料に、従来の麦のブレンドに加え、米をブレンドすることにより全く新しい味わいとして誕生しました。 ほのかに甘い栗の香り、まろやかできれいな口当たりは、自然と人と時間がつくりあげた名作の味わい。ロックでストレートで、食中酒としてもおすすめです♪ ======================================★原材料名 栗(愛媛県産100%)・米・麦・麦麹★アルコール分 25度★720ml詰★株式会社 媛囃子(ひめばやし)★愛媛県西予市城川町魚成4598======================================株式会社 媛囃子(ひめばやし) 日本で初めて栗焼酎を造った、四国唯一の焼酎専業の蔵 四国唯一の焼酎専業メーカーである媛囃子。 土佐境の草深き山里・城川町でおよそ200年前頃より「大師」という銘の焼酎を造り、今日に至っています。 この媛囃子という蔵名の由来は、遥か1,000年前まで遡ります。 寿永元年(1182年)、奸臣の讒言(ざんげん)から崇徳上皇の逆鱗にふれ、島流しとなって伊予に渡り、うおなしの田穂の里に住みついた肥後守親房。 彼は、同三年に屋島の合戦に敗れてこの地に逃げのびてきた平公盛が同じ逆境であることに悲哀し、涙を流し手厚く慰めました。...

栗焼酎 媛ばやし(媛囃子) 囃(はやし) 25度 1800ml 【愛媛の焼酎】

津田SAKE店

2,786

栗焼酎 媛ばやし(媛囃子) 囃(はやし) 25度 1800ml 【愛媛の焼酎】

愛媛県産の地栗を100%使用。苦味成分である渋皮を除去し、四国山系の天然水を使用して、鹿児島県出身で芋焼酎造りの経験を持つ黒瀬杜氏「川本昭朗」氏が丁寧に仕込みました。原料の栗の比率を従来品より高め、常圧蒸留の3年熟成原酒をブレンドすることにより、栗の風味豊かで、深みのある味わいに仕上がりました。また、余韻として栗の香りがしっかりと残ります!愛媛県西予市株式会社 媛囃子(ひめばやし)◆◆『媛囃子』という名前の由来◆◆寿永元年、奸臣の讒言から崇徳上皇の逆鱗にふれ、島流しとなって伊予に渡り、うおなしの田穂の里に住みついていた肥後守親房は、同三年、屋島の合戦に敗れてこの地に逃げ延びてきた平公盛を同じ逆境の悲哀に涙を流し、手厚く慰めました。その時、親房の娘「布由姫」は一族の姫たちを集め、折からの秋の満月のもとで、笛を鳴らし、鼓を打ち、ススキをかざして舞い踊り、悲運の公達の心の傷を癒したという哀話が語り伝えられています。世の人は、それを“ひめばやし"と呼びました・・・株式会社 媛囃子(ひめばやし) 日本で初めて栗焼酎を造った、四国唯一の焼酎専業の蔵 四国唯一の焼酎専業メーカーである媛囃子。 土佐境の草深き山里・城川町でおよそ200年前頃より「大師」という銘の焼酎を造り、今日に至っています。 この媛囃子という蔵名の由来は、遥か1,000年前まで遡ります。 寿永元年(1182年)、奸臣の讒言(ざんげん)から崇徳上皇の逆鱗にふれ、島流しとなって伊予に渡り、うおなしの田穂の里に住みついた肥後守親房。 彼は、同三年に屋島の合戦に敗れてこの地に逃げのびてきた平公盛が同じ逆境であることに悲哀し、涙を流し手厚く慰めました。 その際、親房の娘「布由姫」が一族の姫たちを集め、秋の満月のもとで、笛を鳴らし...

栗焼酎 媛ばやし(媛囃子) 囃(はやし) 25度 720ml 【箱入り】【愛媛の焼酎】

津田SAKE店

1,404

栗焼酎 媛ばやし(媛囃子) 囃(はやし) 25度 720ml 【箱入り】【愛媛の焼酎】

愛媛県産の地栗を100%使用。苦味成分である渋皮を除去し、四国山系の天然水を使用して、鹿児島県出身で芋焼酎造りの経験を持つ黒瀬杜氏「川本昭朗」氏が丁寧に仕込みました。原料の栗の比率を従来品より高め、常圧蒸留の3年熟成原酒をブレンドすることにより、栗の風味豊かで、深みのある味わいに仕上がりました。また、余韻として栗の香りがしっかりと残ります!愛媛県西予市株式会社 媛囃子(ひめばやし)◆◆『媛囃子』という名前の由来◆◆寿永元年、奸臣の讒言から崇徳上皇の逆鱗にふれ、島流しとなって伊予に渡り、うおなしの田穂の里に住みついていた肥後守親房は、同三年、屋島の合戦に敗れてこの地に逃げ延びてきた平公盛を同じ逆境の悲哀に涙を流し、手厚く慰めました。その時、親房の娘「布由姫」は一族の姫たちを集め、折からの秋の満月のもとで、笛を鳴らし、鼓を打ち、ススキをかざして舞い踊り、悲運の公達の心の傷を癒したという哀話が語り伝えられています。世の人は、それを“ひめばやし"と呼びました・・・株式会社 媛囃子(ひめばやし) 日本で初めて栗焼酎を造った、四国唯一の焼酎専業の蔵 四国唯一の焼酎専業メーカーである媛囃子。 土佐境の草深き山里・城川町でおよそ200年前頃より「大師」という銘の焼酎を造り、今日に至っています。 この媛囃子という蔵名の由来は、遥か1,000年前まで遡ります。 寿永元年(1182年)、奸臣の讒言(ざんげん)から崇徳上皇の逆鱗にふれ、島流しとなって伊予に渡り、うおなしの田穂の里に住みついた肥後守親房。 彼は、同三年に屋島の合戦に敗れてこの地に逃げのびてきた平公盛が同じ逆境であることに悲哀し、涙を流し手厚く慰めました。 その際、親房の娘「布由姫」が一族の姫たちを集め、秋の満月のもとで、笛を鳴らし...

栗焼酎 媛ばやし(媛囃子) 5年長期貯蔵 40度 720ml 【箱入り】【愛媛の焼酎】

津田SAKE店

2,678

栗焼酎 媛ばやし(媛囃子) 5年長期貯蔵 40度 720ml 【箱入り】【愛媛の焼酎】

地栗を100%使用し、蔵の中で5年以上貯蔵熟成させました。長期熟成させることでしっとりとした落ち着きのある焼酎になり、栗のほのかな香りと甘みが特長です。愛媛県西予市株式会社 媛囃子(ひめばやし)◆◆『媛囃子』という名前の由来◆◆寿永元年、奸臣の讒言から崇徳上皇の逆鱗にふれ、島流しとなって伊予に渡り、うおなしの田穂の里に住みついていた肥後守親房は、同三年、屋島の合戦に敗れてこの地に逃げ延びてきた平公盛を同じ逆境の悲哀に涙を流し、手厚く慰めました。その時、親房の娘「布由姫」は一族の姫たちを集め、折からの秋の満月のもとで、笛を鳴らし、鼓を打ち、ススキをかざして舞い踊り、悲運の公達の心の傷を癒したという哀話が語り伝えられています。世の人は、それを“ひめばやし"と呼びました・・・株式会社 媛囃子(ひめばやし) 日本で初めて栗焼酎を造った、四国唯一の焼酎専業の蔵 四国唯一の焼酎専業メーカーである媛囃子。 土佐境の草深き山里・城川町でおよそ200年前頃より「大師」という銘の焼酎を造り、今日に至っています。 この媛囃子という蔵名の由来は、遥か1,000年前まで遡ります。 寿永元年(1182年)、奸臣の讒言(ざんげん)から崇徳上皇の逆鱗にふれ、島流しとなって伊予に渡り、うおなしの田穂の里に住みついた肥後守親房。 彼は、同三年に屋島の合戦に敗れてこの地に逃げのびてきた平公盛が同じ逆境であることに悲哀し、涙を流し手厚く慰めました。 その際、親房の娘「布由姫」が一族の姫たちを集め、秋の満月のもとで、笛を鳴らし、鼓を打ち、ススキをかざして踊った舞が「ひめばやし」です。 媛囃子では米、栗、麦を主原料とし、独自の特殊加工により焼酎独特の不愉快な成分を除去。 原料の特徴を生かした風味とさわやかな甘さが自慢の逸品...

米焼酎 媛ばやし(媛囃子) 黒ラベル 40度 720ml 【箱入り】【愛媛の焼酎】

津田SAKE店

1,803

米焼酎 媛ばやし(媛囃子) 黒ラベル 40度 720ml 【箱入り】【愛媛の焼酎】

米だけが持つすっきりとした香り、さわやかな旨みのある純米焼酎です。低温ろ過により、きれいで味が丸く熟成度の高い焼酎に仕上がりました。愛媛県西予市・株式会社 媛囃子(ひめばやし) 株式会社 媛囃子(ひめばやし) 日本で初めて栗焼酎を造った、四国唯一の焼酎専業の蔵 四国唯一の焼酎専業メーカーである媛囃子。 土佐境の草深き山里・城川町でおよそ200年前頃より「大師」という銘の焼酎を造り、今日に至っています。 この媛囃子という蔵名の由来は、遥か1,000年前まで遡ります。 寿永元年(1182年)、奸臣の讒言(ざんげん)から崇徳上皇の逆鱗にふれ、島流しとなって伊予に渡り、うおなしの田穂の里に住みついた肥後守親房。 彼は、同三年に屋島の合戦に敗れてこの地に逃げのびてきた平公盛が同じ逆境であることに悲哀し、涙を流し手厚く慰めました。 その際、親房の娘「布由姫」が一族の姫たちを集め、秋の満月のもとで、笛を鳴らし、鼓を打ち、ススキをかざして踊った舞が「ひめばやし」です。 媛囃子では米、栗、麦を主原料とし、独自の特殊加工により焼酎独特の不愉快な成分を除去。 原料の特徴を生かした風味とさわやかな甘さが自慢の逸品を揃えています。 また、愛媛県は全国屈指の栗の生産地です。 その中でも城川町は“しろかわ栗"として県内でも最高の生産量を誇り量質ともに有名な生産地。 媛囃子では、こうした自然の恵みを存分に活かし、オンリーワンの精神で良質な焼酎を育んでいます。

媛囃子(ひめばやし) はだか麦焼酎 宝泉坊 25度 720ml 【箱入り】【媛囃子】【愛媛の焼酎】

津田SAKE店

1,188

媛囃子(ひめばやし) はだか麦焼酎 宝泉坊 25度 720ml 【箱入り】【媛囃子】【愛媛の焼酎】

麦が違う 味が違う★日本一の生産量(30年連続生産量日本一)を誇る愛媛県産のはだか麦を65%まで精麦し、常圧蒸留で仕上げ、いものような甘みがあり、はだか麦の香ばしい香りと深みのある味わいの本格麦焼酎です。 製造元:媛ばやし 株式会社 媛囃子(ひめばやし) 日本で初めて栗焼酎を造った、四国唯一の焼酎専業の蔵 四国唯一の焼酎専業メーカーである媛囃子。 土佐境の草深き山里・城川町でおよそ200年前頃より「大師」という銘の焼酎を造り、今日に至っています。 この媛囃子という蔵名の由来は、遥か1,000年前まで遡ります。 寿永元年(1182年)、奸臣の讒言(ざんげん)から崇徳上皇の逆鱗にふれ、島流しとなって伊予に渡り、うおなしの田穂の里に住みついた肥後守親房。 彼は、同三年に屋島の合戦に敗れてこの地に逃げのびてきた平公盛が同じ逆境であることに悲哀し、涙を流し手厚く慰めました。 その際、親房の娘「布由姫」が一族の姫たちを集め、秋の満月のもとで、笛を鳴らし、鼓を打ち、ススキをかざして踊った舞が「ひめばやし」です。 媛囃子では米、栗、麦を主原料とし、独自の特殊加工により焼酎独特の不愉快な成分を除去。 原料の特徴を生かした風味とさわやかな甘さが自慢の逸品を揃えています。 また、愛媛県は全国屈指の栗の生産地です。 その中でも城川町は“しろかわ栗"として県内でも最高の生産量を誇り量質ともに有名な生産地。 媛囃子では、こうした自然の恵みを存分に活かし、オンリーワンの精神で良質な焼酎を育んでいます。

こだわりのお酒・ドリンクの栗焼酎、発売中!当社自慢の一品。世界各国・全国各地のお酒・ドリンク。種類豊富な栗焼酎をカンタン検索・比較できます。贈り物にも、まとめ買いにもどうぞ。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、お酒・ドリンクをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいお酒・ドリンクが充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「栗焼酎」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ