「新里酒造」 の検索結果 137件

沖縄県新里酒造 南国氷酎 泡盛 44度 550ml【化粧箱入】

お酒の総合館・シマヤ酒店

2,047

沖縄県新里酒造 南国氷酎 泡盛 44度 550ml【化粧箱入】

創業1846年沖縄最古の蔵元 南国氷酎(なんごくひょうちゅう) 冷凍庫にボトルごと入れ、冷やしたグラスに注ぎ、トロリとした 濃厚な味わいを楽しむパーシャルショットがおすすめです。 ■新里酒造■沖縄県沖縄市古謝 ■原材料 米こうじ■アルコール 44% ■内容量 550ml 上記「事故米」不正転売に関しての沖縄県酒造協同組合からの報告です。 泡盛酒造所の数 「泡盛の酒造所の数」ってご存知ですか?「オイオイ!いまさら、何なんだよ」っていわれそうですが沖縄(ウチナ~ンチュ)は知らない方が多いです。残念ながら地元は愛飲酒「シマ~」(※地元では泡盛のことを「シマ~、シマグヮ~、シマサキ」と呼びます。)のことすら知らない方が多く、あまり興味を持ちません。 さて、話を戻しましょう。「ズバリ!沖縄泡盛酒造所の数は?」って聞かれたら私は47と答えます。しかし、人によっては46とか48とか答える人もいます。この数字が一概に間違っているとも言えないようです。 純粋に「泡盛等を生産している場所」と解釈すると47という答えになりますが、これは「沖縄県酒造協同組合」(代表銘柄「海乃邦・「南風」)を除いたカウント数です。沖縄県酒造協同組合は昭和51年9月に組合員46社の製造した泡盛の貯蔵、調合、詰口及び販売と原料、資材の共同購入を目的とした事業展開を行うために設立されました。販売は行っておりますが製造免許を持たないため、「泡盛を生産している」とみなさない場合の答えとなります。ですから「泡盛を販売しているメーカー数は?」という質問であれば48が正解となります。 では、46と答える人はどういう解釈なのでしょうか?これは私の予測ですがおそらく「泰石酒造」が解釈の分かれ目だと思います。泰石酒造は「日本最南端にある清酒蔵」(代表銘柄「黎明(れいめい))として有名ですが...

【新里酒造】 琉球 泡盛30度 600ml 【泡盛】

酒宝庫 MASHIMO

848

【新里酒造】 琉球 泡盛30度 600ml 【泡盛】

口当たりが柔らかくほのかに甘い泡盛です。ソフトな旨味は料理の味を損なうことがないので、食中酒としておすすめです。ラベルは昔実際に使用していたデザインを、復刻版として使用。おすすめの飲み方は、ロックと水割り。 原料 米麹(タイ産) 容量 600ml 度数 30度 こちらの商品はお取り寄せ商品になります。 発送まで2日–5日お時間が掛かります。 発送予定日は予告なく変更される場合がございます。琉球王府より許された沖縄最古の蔵元。香りに、味わいに歴史を刻み続けて… 新里酒造の創業は、弘化三年(1846年)現存する沖縄の酒造所としては、もっとも古い酒造所と云われています。当時、琉球王府は泡盛造りを首里の三箇(崎山、赤田、烏掘)に住む30人(後に40人になる)のみに許し、ここで生まれた泡盛は、遠く中国や日本への献上品として珍重されていました。新里酒造は、その一人として認められて以来、伝統の技と精神を受け継いで 160余年、現在六代目当主がこののれんを守っています。 黒麹菌を使う泡盛の歴史 泡盛は、酒税法上「単式蒸留しょうちゅう」に分類されています。原料に米を使用しているので、米焼酎に分類されています。しかし、泡盛と他の米焼酎とは製造上の違いがあります。その違いは、米焼酎は一般的に2段仕込みといって、まず、最初に仕込みタンクへ、麹、水、酵母を投入し、「酒母」を造り、その後に麹の約2倍の量、蒸米を加えるという製法で造られています。それに対して、泡盛は、蒸米全てを麹にし、水、酵母の入った仕込みタンクへ全量投入するという全麹仕込みという製法で造っている点です。この製法により、泡盛は濃厚で伸びの効く酒質となっているのです。 その他、泡盛は通常、原料米にタイ米(インディカ種)を使用している点も大きな違いになっています。 15世紀初め...

【琉球泡盛】かりゆし 30゜ 1800ml

とみづや千本酒店

1,949

【琉球泡盛】かりゆし 30゜ 1800ml

商品説明商品名かりゆし 泡盛 30゜ 1800ml商品説明 1846年(弘化3年)、琉球王朝時代に酒造りが許されていた首里三箇(さんか)の一つ赤田町にて創業。 現存する沖縄の酒造所としては創業160年の歴史を持つ最古の蔵元です。 まろやかでコクのある常圧蒸留の原酒とフルーティーな香りで すっきりした飲み口の減圧蒸留の原酒をブレンドし、独自の技術により 飲みやすく仕上げた泡盛です。 爽快な香りとさっぱりとした味わいを持ちながらも、 豊かなコクとほんのりとした甘さが漂い、 女性から泡盛通まで幅広い世代に人気があります。「かりゆし」とは? 「かりゆし」とは、沖縄の方言で、この上なくめでたい事を指す言葉です。婚礼や、宴会などにぴったりな泡盛です。 種類泡盛麹 米・米こうじ アルコール度数30度蒸留方法 常圧と減圧のブレンド蔵元 新里酒造(沖縄本島・沖縄市) 保存方法直射日光・高温を避け、常温で保存。 メモ こちらで販売しております商品は実店舗と在庫を共有しております関係上ご注文頂きましても売り切れの場合がございますのでご了承下さい。 新里酒造琉球泡盛かりゆし30度 新里酒造琉球泡盛かりゆし30度 新里酒造琉球泡盛かりゆし 新里琉球泡盛かりゆし 琉球泡盛かりゆし 琉球泡盛かりゆし 泡盛かりゆし かりゆし1846年(弘化3年)、琉球王朝時代に酒造りが許されていた首里三箇(さんか)の一つ赤田町にて創業。 現存する沖縄の酒造所としては創業160年の歴史を持つ最古の蔵元です。 まろやかでコクのある常圧蒸留の原酒とフルーティーな香りで すっきりした飲み口の減圧蒸留の原酒をブレンドし、独自の技術により 飲みやすく仕上げた泡盛です。 爽快な香りとさっぱりとした味わいを持ちながらも、 豊かなコクとほんのりとした甘さが漂い、...

【 琉球泡盛 】新里酒造謹製『 泡盛 かりゆし 30度 720ml 』【本場泡盛】贈りものやプレゼントにも! お歳暮 お年賀  父の日 内祝い お誕生日  お祝い のし対応 熨斗名入れ...

全2商品

1,076

【 琉球泡盛 】新里酒造謹製『 泡盛 かりゆし 30度 720ml 』【本場泡盛】贈りものやプレゼントにも! お歳暮 お年賀 父の日 内祝い お誕生日 お祝い のし対応 熨斗名入れ...

→ 1800mlサイズはこちらから 「かりゆし」とは沖縄の方言で「めでたい」という意味らしいです。この縁起の良い名前だけでも気分良く 酔い心地を楽しめそうですね! 新里酒造は泡盛の仕上りを決定づける独自のブレンド技術が素晴らしく、このリーズナブルな価格の 泡盛でも安定した品質の品を提供してくれます。古酒(クースー)のまろやかさまではいかずとも、 スッキリとした印象の中に旨味と甘味を楽しめるので日常のスタンダードに最適ですね。 泡盛とは、タイ米を原料に、黒麹菌を使用し、500年以上も前から琉球で守り続けられてきた製法で 造られる沖縄県の特産の蒸留酒です。 「本場泡盛」、「琉球泡盛」として産地指定されており、蒸留後、三年未満のものを一般酒、 三年以上貯蔵熟成した泡盛を古酒(くーすー)と呼びます。 ●開栓時には充分ご注意下さい。 ●気温の変化により瓶の底に沈殿物(焼酎の華)が生じる場合がございますが品質には問題はありません。 ●妊娠中や授乳期の飲酒は胎児、乳児の発育に悪影響を与える恐れがある為、お控え下さい。 ●本品はお酒です。未成年者の酒類の購入は法律で禁じられており、販売は固くお断り致します。 蔵元 (名)新里酒造株式会社 産地 沖縄県うるま市 州崎12番7号(工場) 内容量 720ml 原材料 タイ米・米こうじ 本格焼酎 琉球泡盛 お届け日 ご注文日より4営業日以後 アルコール度数 30度 同梱可能本数 ~1.8Lサイズをあと5本 ~900mlサイズ以下をあと5本 化粧箱 無し 蒸留 常圧蒸留焼酎 お奨めの飲み方 ◎オンザロック ・ ◎ストレート ・ ◎水割り ・ ○お湯割り ギフト包装をご希望のお客様へ *ギフト品として購入される場合上記の化粧箱の欄が「無し」になっている商品は別途化粧箱代として1本につき160円をご負担いただきま...

こだわりのお酒・ドリンクの新里酒造、発売中!当社自慢の一品。世界各国・全国各地のお酒・ドリンク。種類豊富な新里酒造をカンタン検索・比較できます。贈り物にも、まとめ買いにもどうぞ。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、お酒・ドリンクをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいお酒・ドリンクが充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「新里酒造」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ