「新潟清酒」 の検索結果 836件

新潟県 尾畑酒造佐州正宗 清酒生 要冷蔵 1800ml

お酒の総合館・シマヤ酒店

2,808

新潟県 尾畑酒造佐州正宗 清酒生 要冷蔵 1800ml

平成24年に120周年記念酒として復刻した「佐州正宗」。 24年の01月頃に蔵元さんから送っていただき大好評!完売となりました。 夏過ぎ頃から、「あのお酒ない?」とのお問合わせが多数。 そこで蔵元さんに、24年以降、毎年お願いしています。 造り、使用米等は同じですが、醸造年度により、味わいに違いがあります。 毎年12月から2月上旬頃、蔵元さんから直送でまとめて1年分入荷し氷温冷蔵庫で保管・熟成されています。 4月から5月頃以降に新酒らしさが和らぎ、飲み頃と変化します。 詰めたての頃は熟していない果物のようなイメージです。 また醸造年度によって風味の変化はことなります。 味わいの変化(熟成)の中に飲み頃(ピーク)はみつかりますが個人のお好みや食べ物等によります。 ●アルコール度数 16.5度前後 ●原料米 米(佐渡産)・米麹(佐渡産米) ●タイプ 清酒 生酒  ●杜氏 工藤賢也 ●日本酒度・酸度・アミノ酸度は非公開です。 ●特約店限定流通商品 生酒です。クール便指定(別途有料)でお届けです。 また、お届け後も冷蔵保管してください。   佐州正宗は こうして復刻 平成24年01月中旬、尾畑酒造の平島社長、ご来店でした。  午前8:30に佐渡をでて、16:00頃当店到着です。  フェリーに欠航があったので いつもより時間がかかったようです。  尾畑酒造さんでは酒米を地元の農家さんからも 調達しています。 その農家の方は食用米の生産者としても有名で、魚沼からわざわざ見学者が来るほどです。 その農家さんの酒米を使って 「かつてがそうであったように スペックを語ることなく、 味わいで語る酒を仕込もう」となりました。 それが120周年記念酒です。 このお話しをいただいたのが平成23年の10月頃。 ようやくお酒が出来上がりました。  かすかな吟醸香...

八海山 清酒 1800ml − 八海醸造

銘酒しらい屋

2,106

八海山 清酒 1800ml − 八海醸造

清酒 八海山は八海醸造のレギュラー酒です。レギュラー酒でありながら、酒造好適米「五百万石」を60%精米するという妥協の無い造り。 清酒 八海山の透明感のある味わいとサラリとした口当たりは新潟県産淡麗清酒の特徴を余すことなく体現しているといえるでしょう。 *当店は八海醸造の正規特約店です。蔵元直送のお酒を正価で販売していますので、安心してお買い求めください。 ■■効き酒師敏郎のコメント■■ 「清酒 八海山」は、新潟の酒らしさがはっきりとでています。淡麗な味わい、キレのある後味。飲み飽きることはまず無いですね。 値段もこの品質からでは考えられないほどリーズナブル。「沢山の人に日本酒の素晴らしさを楽しんで欲しい」という八海醸造さんの心意気がストレートに伝わってくる一本です! 八海山はまずこの一本から! 【特定名称】 清酒 八海山 【容量】 1800ml 【ALC度数】 15.4%前後 【原料米】 五百万石・ゆきの精 【精米歩合】60%以下 清酒 八海山 720mlをお求めの場合はこのリンクをクリックしてください。 甘辛 旨味 香り 日本酒度 +5.0前後 酸度 1.4前後 用語について 日本酒度は水に対するお酒の比重を表しています。一般にマイナス(−)だと甘口、プラス(+)だと辛口とされます。 酸度はお酒に含まれる有機酸の量を表しています。有機酸はお酒に酸味・旨味をもたらし、味を引き締める働きがあります。 日本酒度が同じお酒でも、酸度が高いと甘味が打ち消されて辛く感じ、酸度が低いと甘く感じます。この二つの数字を参考にすると、お好みの味の日本酒が見つけやすくなります。八海醸造は、日本一のコシヒカリの産地としても知られる南魚沼市にあります。この地域は日本有数の豪雪地帯としても知られており、仕込みの時期になると町は深い雪に覆われてしまいます...

こだわりのお酒・ドリンクの新潟清酒、発売中!当社自慢の一品。世界各国・全国各地のお酒・ドリンク。種類豊富な新潟清酒をカンタン検索・比較できます。贈り物にも、まとめ買いにもどうぞ。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、お酒・ドリンクをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいお酒・ドリンクが充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「新潟清酒」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ