「山崎 1923」 の関連商品を含む検索結果 10件

サントリー シングルモルトウイスキー 山崎 NV 700ml ボトルのみ ジャパニーズウイスキー THE YAMAZAKI 1923 SINGLE MALT WHISKY 中古 二次流通品 ...

帝国酒販

6,480

サントリー シングルモルトウイスキー 山崎 NV 700ml ボトルのみ ジャパニーズウイスキー THE YAMAZAKI 1923 SINGLE MALT WHISKY 中古 二次流通品 ...

京都で生まれたウイスキー 山崎蒸溜所の特徴は「世界にも類を見ない多彩な原酒のつくり分け」にあります。「日本人の繊細な味覚にあったウイスキーを追求し、世界に通じるウイスキー をつくる」。そのテーマを長年追い求め続け、匠の技を継承しながら多彩なモルト原酒をつくり分けるために革新を加えてきました。 山崎ならではの樽貯蔵 蒸溜された原酒は樽に詰められ貯蔵庫で永い眠りにつき、熟成の時を待ちます。同じ原酒でも詰める樽の種類により、熟成後は味わいの異なるウイスキーに仕上 がります。山崎蒸溜所ではオーク材、形状、サイズの異なる樽を使い分けていますが、その中に日本ならではの貯蔵樽、北海道産のミズナラ樽もあります。 世界に誇る山崎のブレンド技術 上質な水や湿潤な自然環境を見方につけ、匠の技を継承しながら多彩なモルト原酒をつくり分けるために革新を加えてきた山崎蒸溜所。2003年、世界的権威 のあるコンペティション、ISC(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)で、「山崎12年」が日本のウイスキーとして初の金賞を受賞しました。そ の後も国際的なコンペティションで数々の賞を受賞し続けています。 サントリー 山崎 伝統と革新が重なりあって生まれた、新しいシングルモルトウイスキー登場。 日本のウイスキーのふるさと、京都郊外の山崎で「スコッチに負けない日本のウイスキーをつくりたい」という夢に突き動かされて、サントリーの創業者・鳥井信治郎が1923年、この地に蒸溜所を作りました。 山崎蒸溜所が持つ多彩な原酒の中から、ブレンダーたちが理想のモルトを選び抜き、生まれたシングルモルト。山崎の伝統であるミズナラ樽貯蔵モルトと、革新のワイン樽貯蔵モルトが出会うことで生まれた、新しい個性。やわらかく華やかな香り、甘くなめらかな味わいが特徴です。 製品の特長...

サントリーウイスキー 角瓶 40度 1920ml ペットボトル 1梱包6本まで あす楽

酒類の総合専門店 フェリシティー

3,542

サントリーウイスキー 角瓶 40度 1920ml ペットボトル 1梱包6本まで あす楽

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー 京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 1920ml キーモルトの山崎バーボン樽原酒及びミディアムタイプグレーン由来の、甘やかな香り、厚みのあるまろやかなコクが特長。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

トリス エクストラ 40度 700ml あす楽

酒類の総合専門店 フェリシティー

920

トリス エクストラ 40度 700ml あす楽

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売しました。1940年、山崎蒸溜所においてサントリーオールドが誕生。憧れの高級ウイスキーとして高い人気を誇り、人々からステータス的な存在として愛されました。さらに1946年にトリスウイスキーを発売。戦後の洋酒ブームの火付け役となりました。従来は1960年代に若者であった層に愛飲者が多かったが、2003年にラインナップを一新、新たな若者層にも愛飲者を拡大させています。 「トリス・エクストラ」は、ハイボールに合う美味しさにこだわった爽やかな香りとすっきり、キレのよい味わい。 さらにバーボン樽原酒を加えることで味わいまろやかに仕上げました。 サントリー 日本 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 700ml トリスハイボール 【材料】 トリスエクストラ…1 ソーダ…4 レモン 【作り方】 レモンを軽くしぼり、ジョッキに氷を山盛りに入れる。 トリスを注ぎ、冷えたソーダを氷に当てないように静かに注ぐ。 一度ステアして完成。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

こちらの関連商品はいかがですか?

サントリー シングルモルトウイスキー白州ギフト カートン付き 700ml

Amazon

6,449

サントリー シングルモルトウイスキー白州ギフト カートン付き 700ml

◆シングルモルトウイスキー白州とは 白州蒸溜所が持つ多彩な原酒の中から、ブレンダーたちが理想のモルトを選び抜き、生まれたシングルモルトウイスキー。 森の若葉のようなみずみずしくほのかなスモーキーフレーバーを備えた「ライトリーピーテッドモルト」と、 「白州」らしい複雑さと奥行きを持つさまざまな原酒をヴァッティングしました。 それぞれの個性が重なり合うことで生まれた、フレッシュな香り、爽やかで軽快なキレの良い味わいが特長のウイスキーです。 ◆森の蒸留所 【白州・森の恵み】 日本の自然の恩恵を、最大限ウイスキーづくりに 生かすことのできる場所を求めて、 私たちは白州の森に出会いました。 豊かな森にあふれる自然の恵みは、シングルモルトウイスキー白州の味と香りもまた豊かにしています。 人と森とがつくるウイスキー。それがシングルモルトウイスキー白州なのです。 【白州の環境と歴史】 北に八ヶ岳、西に甲斐駒ヶ岳を戴き、 深い森と幾多の清流に囲まれた白州蒸溜所は、 「森林公園工場」というコンセプトの下、自然との調和を最優先に建設されました。 延べ面積約82万m2という広大な敷地には、 民間工場では日本初の「バードサンクチュアリ」も設けられ、 一年を通じて50種ほどの鳥たちの姿を見ることができます。 設立以来、白州蒸溜所はその豊かな自然環境と共に、 ウイスキーの新しい味と香りを追求しつづけています。 ◆シングルモルトウイスキー白州の愉しみ方 【森香るハイボールの作り方】 森の若葉を感じさせる爽やかな香りと軽やかな味わい。 そんな「白州らしさ」をもっとも感じられる愉しみ方が「白州 森香るハイボール」です。 白州と炭酸水、氷を準備して、フレッシュミントをお好みで。 例えば晴れた休日の昼下がり、ちょっとベランダに出て鉢植えのミントを一枚摘んで...

サントリー シングルモルトウイスキー 白州12年カートン付き 700ml

Amazon

15,400

サントリー シングルモルトウイスキー 白州12年カートン付き 700ml

◆シングルモルトウイスキー白州12年とは 白州蒸溜所が持つ多彩な原酒の中から、 ブレンダーたちが理想のモルトを選び抜き、生まれたシングルモルトウイスキー。 森の若葉のようなみずみずしくほのかなスモーキーフレーバーを備えた「ライトリーピーテッドモルト」と、 「白州」らしい複雑さと奥行きを持つさまざまな原酒をヴァッティングしました。 それぞれの個性が重なり合うことで生まれた、 フレッシュな香り、爽やかで軽快なキレの良い味わいが特長のウイスキーです。 1994年に発売。森の蒸溜所「白州」で生まれた酒齢12年以上のモルト原酒を吟味したシングルモルトウイスキーで、 甘く柔らかいスモーキーに新緑の香り、爽快な果実香が漂う。フルーティでコクがあり、後味はキレがよいです。 ◆森の蒸留所 【白州・森の恵み】 の自然の恩恵を、 最大限ウイスキーづくりに 生かすことのできる場所を求めて、 私たちは白州の森に出会いました。 豊かな森にあふれる自然の恵みは、 シングルモルトウイスキー白州の味と香りもまた豊かにしています。 人と森とがつくるウイスキー。それがシングルモルトウイスキー白州なのです。 【白州の環境と歴史】 北に八ヶ岳、西に甲斐駒ヶ岳を戴き、 深い森と幾多の清流に囲まれた白州蒸溜所は、 「森林公園工場」というコンセプトの下、 自然との調和を最優先に建設されました。 延べ面積約82万m2という広大な敷地には、 民間工場では日本初の「バードサンクチュアリ」も設けられ、 一年を通じて50種ほどの鳥たちの姿を見ることができます。 設立以来、白州蒸溜所はその豊かな自然環境と共に、 ウイスキーの新しい味と香りを追求しつづけています。 ◆シングルモルトウイスキー白州の愉しみ方 【森香るハイボールの作り方】 森の若葉を感じさせる爽やかな香りと軽やかな味わい。 そんな...

【箱付き】【正規品】アイラモルト「ラフロイグ ロア」700ml瓶【サントリー】【スコッチウイスキー】【シングルモルト】

ドリンクキング

42,984

【箱付き】【正規品】アイラモルト「ラフロイグ ロア」700ml瓶【サントリー】【スコッチウイスキー】【シングルモルト】

スモーキーな味わいのウイスキーが多いことで知られる アイラ島のシングルモルトウイスキーの中で “アイラモルトの王者”とも呼ばれる「ラフロイグ」は、 チャールズ皇太子がご愛飲されていることでも有名で、 世界に熱烈なファンが多いウイスキーです。 「ラフロイグ ロア」は、 現ラフロイグ蒸溜所長のジョン・キャンベル氏が、 1815年の創業以来受け継がれてきた技術と経験を 次世代へ伝承lore(ロア)するという情熱を込めてつくりあげた商品です。 ヨーロピアンオークの新樽で熟成した後、 ファーストフィル(一空き樽)のバーボン樽に移し替えて さらに熟成させた“ダブルマチュアード”(二度熟成)原酒をはじめ、 ラフロイグ蒸溜所が保有する数種のモルト原酒をヴァッティングしました。 リッチでスモーキーかつアイラ島の海岸を連想させる潮の香りがします。 スモーキーでありながら、 バーボン樽熟成ならではの柔らかな甘み、 芳醇でフルーティな味わいがあり、長い余韻が続きます。 アルコール度数:48% 写真はイメージです。 お届けする商品とは異なる場合がございます。

こだわりのお酒・ドリンクの山崎 1923、発売中!当社自慢の一品。世界各国・全国各地のお酒・ドリンク。種類豊富な山崎 1923をカンタン検索・比較できます。贈り物にも、まとめ買いにもどうぞ。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、お酒・ドリンクをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいお酒・ドリンクが充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「山崎 1923」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ