「ヴォルネイ」 の関連商品を含む検索結果 6件

ヴォルネイ・プルミエ・クリュ・ルージュ・キュヴェ・ジュネラル・ムトー オスピス・ド・ボーヌ 2008年 フランス ブルゴーニュ 赤ワイン フルボディ 750ml

Amazon

9,547

ヴォルネイ・プルミエ・クリュ・ルージュ・キュヴェ・ジュネラル・ムトー オスピス・ド・ボーヌ 2008年 フランス ブルゴーニュ 赤ワイン フルボディ 750ml

世界最古のワインオークション、オスピス・ド・ボーヌでワインショップソムリエが落札致しました。 オスピスのある本拠地、ボーヌの名高い1級畑から造られる赤ワイン。 ブルゴーニュ赤ワインのなかで最も女性的といわれ、繊細さ、芳醇さ、ブーケ(香り)の華やかさで高い評価を受ける産地です。 香りの特徴はスミレ、スグリ、チェリー、熟成させるとスパイス、ジビエ、煮つめたプルーンのようなニュアンスが現れます。 凝縮感がありますが、デリケートで表情豊かなタイプです。 オスピス・ド・ボーヌ オスピス・ド・ボーヌ (Hospices de Beaune) は、1443年にブルゴーニュ公国財務長官 ニコラ・ロラン (Nicolas Rolin) 夫妻がボーヌ (Beaune)に創設した施療院 「オテル・デュー (Hotel-Dieu、"神の館")」に始まります。 この施療院は戦争の災禍と疫病に苦しむ病人や貧しい人々を救済するためのものではありましたが、単なる療養施設ではなく“貧しき者の宮殿”となるべく、長い歳月をかけて建設されました。 さらに当時は治療費を払えない人々が多かったため、ニコラ・ロラン夫妻は自らの所有する葡萄畑を寄付。 その葡萄畑から造られるワインの収益によって、オテル・デューは病院として、また貧しい人の宿泊施設として運営され利用されてきました。ブルゴーニュを旅行するとき、ハイライトとなる建物オテル・デュー (Hotel-Dieu、"神の館")、独特の屋根の模様が印象的な建物があります。 オスピス・ド・ボーヌのワインはこの建物抜きに語ることはできません。 この建物は500年以上前、オスピス(施療院)として建てられました。 ここでは病気に苦しむ人々、戦争ですべてを失くした人々が無料で施療してもらえたのです。 このオスピスの運営費は...

こちらの関連商品はいかがですか?

ルー・デュモン レア・セレクション サントネイ・ルージュ[1988]750ml

Amazon

4,680

ルー・デュモン レア・セレクション サントネイ・ルージュ[1988]750ml

何分20年以上たったオールドヴィンテージです。 商品到着後、最低でも二週間ぐらいは休ませてください。 16℃前後で抜栓し1時間くらい置く。エッジが少し落ち着きだした暗いガーネット色、ドライオールドローズ、ドライハイビスカス、ドライプラム、ドライチェリー、ドライクランベリー、干無花果、干し肉、鞣革、胡椒、ナツメグ、メース、オレガノ、タイム、シナモン、クローブ、コリアンダー、木材、茸、森の下草、腐葉土、黒い土、ミネラル、落ち着きだしてはいるが、暗い色合いを持ち、ドライ系の花とフルーツのブーケが静かに広がってくる。非常に滑らかで柔らかい口当たりを持ちながら、干し肉・鞣革など肉・革系のニュアンスにしっかりとしたコク・ボディを感じる。そして熟成したワインならではの様々なブーケ、特にハーブ系と土・ミネラル系のブーケが数え切れないほどに広がってくる。実に複雑で次々に姿形を変えるかのようだ。このところベルナール・モレのサントネイを良く飲む。華やかで濃く、しっかりとしているが、エレガントさも兼ね備えた良いワインだが、サントネイというワインの姿を考えると本来の姿はこのワインのように、柔らかく、滲み出るような味わいを持ったワインなのかもしれない。木材・土系のブーケが素晴らしく良く出ているワインだが、現代の濃く、強いワインを飲み慣れている方には、???かもしれない。ワインは熟成すると姿を変える物。こういう姿も覚え、記憶に留めていただきたい。非常にエレガントなワインです。 H18.06.17 ↓熟成ワインと若いワインの違いを 飲み比べてみてください。↓ 息子トーマス・モレが造るサントネ 父ベルナール・モレが造るサントネ

ドメーヌ・アルベール・グリヴォ ムルソー・1er・クロ・デ・ペリエール [2013]750ml

ウメムラ Wine Cellar

13,370

ドメーヌ・アルベール・グリヴォ ムルソー・1er・クロ・デ・ペリエール [2013]750ml

特級昇格を待つクロ・デ・ペリエール 忍耐の必要なミネラル派のムルソー もしもムルソーに特級畑が認められるとすれば、真っ先に名前が挙がるクリマがクロ・デ・ペリエール。クロ・デ・ペリエールはドメーヌ・アルベール・グリヴォーのモノポール畑。 ペリエールの優位性はよく知られたところだが、斜面上部のペリエール・デュシュと下部のペリエール・ドゥスゥでは後者のほうが格上。 さらにそのど真ん中に位置するクロ・デ・ペリエールこそ特級にふさわしい。 石垣に囲まれた0.95haの小さな区画。この畑から鋼のように強靭なミネラルと、濃密な凝縮感をもつ白ワインが生み出されるのだ。 白でも長期熟成の可能なワインがこのドメーヌの方針で、とくにクロ・デ・ペリエールにいたっては10年でも20年でも問題なく寝かしておくことができる。 なおかつ熟成が頂点に達した時の素晴らしさは、この世のものとも思えない幸せが味わえるだろう。 ペリエールとクロ・デ・ペリエールの違いは粘土の強さ。ピュリニーと言われても違和感のない仕上がりのぺリエールに較べ、クロのほうにより多くの粘土が含まれ、常に厚みと複雑さで勝り、グラン・クリュを思わせるリッチなボディ、奥行きとアフターが備わるクロ・デ・ペリエールは、そのテロワールの異なりを歴然と感じとることができます。 豊かな果実香が好印象。凝縮された果実味とまろやかな酸のバランスが見事。余韻も長い。直ぐも十分楽しめるが、熟成後が楽しみ。ムルソーにAOC特級はないが、あれば間違いなく特級クラスでしょう。

お買い物マラソン
ミシェル・コラン・ドレジェ シャサーニュ・モンラッシェ・1er・アン・ルミリィ [1996]750ml(白)

Amazon

11,672

ミシェル・コラン・ドレジェ シャサーニュ・モンラッシェ・1er・アン・ルミリィ [1996]750ml(白)

ミッシェル・コラン・ドレジェのワインは今や幻となりつつあります。2004年のミレジムより生産していたワインは2人の息子フィリップとブリュノに引き継ぎました。が、全て譲り渡した訳ではなく、3アイテムに限りミシェル自身が生産しています。 ドメーヌの名声を高らしめたシュヴァリエ・モンラッシェにピュリニーのドモワゼル、それにこのシャサーニュのアン・ルミリィです。 アン・ルミリィというとサントーバンの代表的なプルミエ・クリュだが、このクリマのなかでもモンラッシェの丘の最上部、真南を向いた1.6ヘクタールはシャサーニュ側に属していて、コラン=ドレジェは半分弱、0.7ヘクタールほどを所有しています。 シャサーニュ・モンラッシェのアン・レミリーは、サントーバンの同名畑とシュヴァリエ・モンラッシェの頂上との中間にある素晴らしい1級畑。シュヴァリエ・モンラッシェと寸分たがわない極上のミネラル感。ストレートでピュアな酸のキレ。凛とした佇まい。 熟成されたワイン(古酒)ですのでボトルバリエーション等ございます。それをご理解頂いた上でのご購入をお願い致します。 ※品質・コルクの不良・ブショネなどにつきましても、保証出来かねますので予めご了承ください。

1961年 ワイン 赤 リヴザルト サント・バルブ 750ml

Amazon

14,895

1961年 ワイン 赤 リヴザルト サント・バルブ 750ml

シエル・エ・ヴァンならではの品揃え! 他では決して見つからない1961年物のリヴザルトです!! ルーションが世界に誇る「リヴザルト」は、深いガーネットの色調から南フランスの宝石といわれます。 果汁発酵中にアルコールを添加し発酵を止め、天然糖分を残したままオーク樽で熟成させる製法のリヴザルトは、品質劣化にめっぽう強く余裕で長期の熟成が楽しめます。スティルワイン(通常の製法のワイン)のように、古くなると酸化して飲めないというリスクもなく、安心してプレゼントに選べるのが人気の要因となっています。 また、古酒にしては比較的リーズナブルな点も魅力の一つ。 ここまで古くなると、スティルワインだと高額にもかかわらず、「酸化して飲めない」というリスクが高まります。実際、1961年物のスティルワインとなると、美味しく飲めるものは一部の超高級ワインのみで、5万円以下レベルの物は手を出さない方が賢明です。酸っぱくて飲めないことが本当に多々あります。 その点、リヴザルトなら品質リスクの心配はなく安心です。 リヴザルトはグラン・メゾンなど、一流フレンチ・レストランには必ずオンリストされる高級デザートワイン。並級品で3~5年オーク樽熟成、高級品ともなれば数十年も寝かされます。このリヴザルトは1961年ヴィンテージと大変な長期熟成物で、複雑で深遠、その味わいは格調高く貴族的です。 深いガーネット色、豊かな甘味とコク、官能的なブーケは見事です。 リッチで豊かな風味が特徴のリヴザルトですが、補糖(砂糖を加えること)は一切されません。天然のブドウのみから醸し出される甘味は、ブドウ由来の酸やタンニンが交じり合い、甘味~清涼感~スパイシーさが絶妙に調和しています。 またリッチな甘味とコクは、赤ワイン独特の渋みや苦みを包容し、余り赤ワインを飲みなれていない方やお酒の苦手な女性...

シャンパーニュ オブリ・フィス ブリュット 1er Cru【Aubry Fils】【フランス・シャンパーニュ産・スパークリングワイン・辛口・750ml】

Amazon

5,400

シャンパーニュ オブリ・フィス ブリュット 1er Cru【Aubry Fils】【フランス・シャンパーニュ産・スパークリングワイン・辛口・750ml】

白い花やドライ・アプリコット、ホワイト・チェリー、サクランボ、焼きたてのパンなどの香りが非常に豊か。 重層的で複雑な味わいが感じられ,余韻が膨らむ素晴らしいフィニッシュには深みと長さが備わっています。 アクセントがきいていて、豊潤なシャンパーニュです。 ※ワイン・スペクテーターが実施したシャンパーニュのテイスティングで,ボランジェやエグリー・ウリエのスタンダード・キュヴェに匹敵する評価を獲得。 また,『インターナショナル・ワイン・セラー』では92点,『ワイン・アドヴォケイト』と では91点を獲得。 そのコスト・パフォーマンスの高さからアメリカやヨーロッパでは抜群の人気を誇ります。 【ワインデータ】 生産年 NV タイプ シャンパン(スパークリングワイン) 飲み口 辛口 生産国、生産地 フランス・シャンパーニュ地方 造り手 シャンパーニュ L. オブリ・フィス【Champagne L. Aubry Fils】 品種 ピノ・ムニエ50%,シャルドネ25%,ピノ・ノワール25% 熟成 ステンレス・タンクで発酵後,ステンレス・タンクでマロラクティック発酵と9ヶ月の熟成。その後,最低24ヶ月間の瓶内熟成 容量 750ml ※生産年は変更になることがあります

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ヴォルネイ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ