「シャトーラグランジュ 2012」 の関連商品を含む検索結果 9件

レ フィエフ ド ラグランジュ [2012] (赤ワイン)[Les Fiefs de Lagrange] 【飲み頃2016年〜2025年ワイン】[AG]

Yoshiya直輸入フランスワイン

4,298

レ フィエフ ド ラグランジュ [2012] (赤ワイン)[Les Fiefs de Lagrange] 【飲み頃2016年〜2025年ワイン】[AG]

原産国/地区/地方 フランス/ボルドー/サン・ジュリアン 生産者 シャトー・ラグランジュ 種別 赤 口当り ミディアムボディ 飲み頃期間 2016年〜 2025年 飲み頃温度 16〜18℃ 容量 750mlシャトー・ラグランジュ CHATEAU LAGRANGE シャトーの歴史は古く、すでに17世紀初頭には、王室砲兵隊輜重隊長のジャン・ド・ヴィヴィアンの所有だったことが、古文書に記されています。 さらに19世紀には、ルイ・フィリップ朝で商農大臣、大蔵大臣、内務大臣を歴任したデュシャテル伯爵がその所有者になり、シャトーの名声を引き上げました。 しかし、その後、1925年にこのシャトーを引き継いだセンドーヤ家が、1929年の大恐慌と戦争で経済的に没落してしまったため、シャトーは荒廃し、畑は周辺から切り売りされてしまいました。 そして1983年、日本の企業サントリーがシャトーの経営を引き継ぎます。 この葡萄園の土壌が本来そなえている実力を、再び最大限に引き出すために、かつてボルドー大学でワイン醸造研究所長を務めていたフランスきっての醸造学者エミール・ペイノー博士に協力を要請。 新生ラグランジュの総責任者には、ペイノー門下の高足マルセル・デュカスが就任し、サントリーからは同じくペイノー門下の鈴田健二が参加。畑から醸造、貯蔵、そしてシャトーのシンボルともいえる城館や庭園にいたるまで、徹底的な改造計画をスタート。 シャトー・ラグランジュは栄光を取り戻しました。

レ・ザルム・ド・ラグランジュ(白ワイン)[2012] Les Arums de Lagrange 【飲み頃2012年〜2018年ワイン】[AG]

Yoshiya直輸入フランスワイン

4,298

レ・ザルム・ド・ラグランジュ(白ワイン)[2012] Les Arums de Lagrange 【飲み頃2012年〜2018年ワイン】[AG]

第3級シャトー・ラグランジュのセカンドワイン! コメント ボルドー大人気辛口白ワイン愛好家大注目!サンジュリアン格付ファン大注目! 人気急上昇中のメドック格付第三級のシャトー・ラグランジュが元詰で造り出す、高品質少量生産な辛口白ワイン!ミツロウや熟したフルーツに、ハーブのアロマにグレープフルーツのニュアンス。果実味豊かな辛口白ワイン!しかも最新ヴィンテージ2012年!凝縮された果実味。しっかりとした酸味に恵まれ、数年後さらに大きく開花するボルドー辛口白ワイン! 原産国/地区/地方 フランス/ボルドー/サン・ジュリアン 生産者 シャトー・ラグランジュ 種別 白 口当り 辛口 飲み頃温度 8〜10℃ 飲み頃期間 2012年〜 2018年 容量 750mlシャトー・ラグランジュ CHATEAU LAGRANGE シャトーの歴史は古く、すでに17世紀初頭には、王室砲兵隊輜重隊長のジャン・ド・ヴィヴィアンの所有だったことが、古文書に記されています。 さらに19世紀には、ルイ・フィリップ朝で商農大臣、大蔵大臣、内務大臣を歴任したデュシャテル伯爵がその所有者になり、シャトーの名声を引き上げました。 しかし、その後、1925年にこのシャトーを引き継いだセンドーヤ家が、1929年の大恐慌と戦争で経済的に没落してしまったため、シャトーは荒廃し、畑は周辺から切り売りされてしまいました。 そして1983年、日本の企業サントリーがシャトーの経営を引き継ぎます。 この葡萄園の土壌が本来そなえている実力を、再び最大限に引き出すために、かつてボルドー大学でワイン醸造研究所長を務めていたフランスきっての醸造学者エミール・ペイノー博士に協力を要請。 新生ラグランジュの総責任者には、ペイノー門下の高足マルセル・デュカスが就任し、サントリーからは同じくペイノー門下の鈴田健二...

レ・フィエフ・ド・ラグランジュ【LES FIEFS DE LAGRANGE】【フランス・ボルドー産・赤ワイン・辛口・フルボディ・750ml】

Amazon

3,900

レ・フィエフ・ド・ラグランジュ【LES FIEFS DE LAGRANGE】【フランス・ボルドー産・赤ワイン・辛口・フルボディ・750ml】

外観はルビー色をしており、カシスやプルーンのような果実味にシナモンや杉の香りが漂います。 黒系果実の味わいが樽香とマッチしていてリッチ感を出しています。 2010年とビックヴィンテージということもあり、果実の厚みが例年以上に感じられ、 しなやかなタンニンが余韻まで長く続いていきます。 由緒あるシャトーラグランジュのセカンドワインに相応しい出来栄えです。 【シャトー・ラグランジュについて】 シャトーの歴史は古く17世紀までに遡ります。 1855年のメドックの格付けで3級になりましたが、 その後の経済状況などの悪化により所有者が入れ替わったことも影響し品質が著しく低下しました。 しかし、1983年に日本のサントリーが買収してからは、 葡萄の樹の入れ替えやシャトー・マルゴーの再生を成し遂げたペルノー博士に協力を要請するなど 飛躍的な品質の向上を遂げて、世界に認められるワインに成長しました。 【ワインデータ】 生産年 2012年 タイプ 赤ワイン 飲み口 辛口 フルボディ 生産国、生産地 フランス・ボルドー地方 造り手、生産地域 シャトー・ラグランジュ【Chateau Lagrange】 品種 カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、プティ・ヴェルド 容量 750ml ※こちらはご注文頂きました後、輸入元からお取り寄せするお品です。在庫状況によってご用意できない場合がございますがご了承ください

こちらの関連商品はいかがですか?

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「シャトーラグランジュ 2012」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ