「子供服帽子」 の検索結果 322件

麦わら帽子 子供用セーラー麦わら帽子 ルナ/Louna[田中帽子]

ディノス

5,940

麦わら帽子 子供用セーラー麦わら帽子 ルナ/Louna[田中帽子]

職人の手仕事が生み出す、日本製の麦わら帽子。子供用ですが、伝統工芸としての手仕事はそのままに、デザインを現代風に取り入れて製品化しました。クオリティの高さと品格ある上質なかわいらしさが、夏をすがすがしく感じさせます。 毎年暑さの厳しい夏が続き、頭部を守る「夏の帽子」が注目されています。なかでも天然素材で、昔ながらの麦わら帽子が大人気です。■100年の歴史と伝統の田中帽子 〜5代目に引き継がれた老舗の麦わら帽子〜1世紀以上の伝統を持つ老舗帽子店の創業は明治13年。埼玉県の春日部市は古くから麦の集散地として知られてきました。麦わらを漂白して平たくつぶし、編み上げた「麦わら真田」の生産は農家の副業でした。田中帽子店は、明治13年頃から農家の副業として始め、麦を編み込んで組み紐状態にした「真田(サナダ)」を作り始めたが発端。明治30年ごろからは麦わら真田を改良し、現在のような麦わら帽子が生産されるようになりました。■伝統は5代目田中英雄氏にに継承現在は、5代目の田中英雄さんが事業を引き継ぎ、伝統を継承しながらも新たな流行も取り込み生産しています。4代目の田中行雄さんも現役の職人として日々、帽子を作り続けています。

麦わら帽子 子供用麦わら帽子 ノラン[田中帽子]

ディノス

6,480

麦わら帽子 子供用麦わら帽子 ノラン[田中帽子]

職人の手仕事が生み出す、日本製の麦わら帽子。子供用ですが、伝統工芸としての手仕事はそのままに、デザインを現代風に取り入れて製品化しました。クオリティの高さと品格ある上質なかわいらしさが、夏をすがすがしく感じさせます。 毎年暑さの厳しい夏が続き、頭部を守る「夏の帽子」が注目されています。なかでも天然素材で、昔ながらの麦わら帽子が大人気です。■100年の歴史と伝統の田中帽子 〜5代目に引き継がれた老舗の麦わら帽子〜1世紀以上の伝統を持つ老舗帽子店の創業は明治13年。埼玉県の春日部市は古くから麦の集散地として知られてきました。麦わらを漂白して平たくつぶし、編み上げた「麦わら真田」の生産は農家の副業でした。田中帽子店は、明治13年頃から農家の副業として始め、麦を編み込んで組み紐状態にした「真田(サナダ)」を作り始めたが発端。明治30年ごろからは麦わら真田を改良し、現在のような麦わら帽子が生産されるようになりました。■伝統は5代目田中英雄氏にに継承現在は、5代目の田中英雄さんが事業を引き継ぎ、伝統を継承しながらも新たな流行も取り込み生産しています。4代目の田中行雄さんも現役の職人として日々、帽子を作り続けています。

麦わら帽子 子供用 クララ/Clara[田中帽子]

ディノス

7,020

麦わら帽子 子供用 クララ/Clara[田中帽子]

職人の手仕事が生み出す、日本製の麦わら帽子。子供用ですが、伝統工芸としての手仕事はそのままに、デザインを現代風に取り入れて製品化しました。クオリティの高さと品格ある上質なかわいらしさが、夏をすがすがしく感じさせます。 毎年暑さの厳しい夏が続き、頭部を守る「夏の帽子」が注目されています。なかでも天然素材で、昔ながらの麦わら帽子が大人気です。■100年の歴史と伝統の田中帽子 〜5代目に引き継がれた老舗の麦わら帽子〜1世紀以上の伝統を持つ老舗帽子店の創業は明治13年。埼玉県の春日部市は古くから麦の集散地として知られてきました。麦わらを漂白して平たくつぶし、編み上げた「麦わら真田」の生産は農家の副業でした。田中帽子店は、明治13年頃から農家の副業として始め、麦を編み込んで組み紐状態にした「真田(サナダ)」を作り始めたが発端。明治30年ごろからは麦わら真田を改良し、現在のような麦わら帽子が生産されるようになりました。■伝統は5代目田中英雄氏にに継承現在は、5代目の田中英雄さんが事業を引き継ぎ、伝統を継承しながらも新たな流行も取り込み生産しています。4代目の田中行雄さんも現役の職人として日々、帽子を作り続けています。

麦わら帽子 子供用カンカン帽 マラン[田中帽子]

ディノス

5,940

麦わら帽子 子供用カンカン帽 マラン[田中帽子]

職人の手仕事が生み出す、日本製の麦わら帽子。子供用ですが、伝統工芸としての手仕事はそのままに、デザインを現代風に取り入れて製品化しました。クオリティの高さと品格ある上質なかわいらしさが、夏をすがすがしく感じさせます。 毎年暑さの厳しい夏が続き、頭部を守る「夏の帽子」が注目されています。なかでも天然素材で、昔ながらの麦わら帽子が大人気です。■100年の歴史と伝統の田中帽子 〜5代目に引き継がれた老舗の麦わら帽子〜1世紀以上の伝統を持つ老舗帽子店の創業は明治13年。埼玉県の春日部市は古くから麦の集散地として知られてきました。麦わらを漂白して平たくつぶし、編み上げた「麦わら真田」の生産は農家の副業でした。田中帽子店は、明治13年頃から農家の副業として始め、麦を編み込んで組み紐状態にした「真田(サナダ)」を作り始めたが発端。明治30年ごろからは麦わら真田を改良し、現在のような麦わら帽子が生産されるようになりました。■伝統は5代目田中英雄氏にに継承現在は、田中帽子店から5代目の田中英雄さんが事業を引き継ぎ、伝統を継承しながらも新たな流行も取り込み生産しています。4代目の田中行雄さんも現役の職人として日々、帽子を作り続けています。

私も小さな女優帽[ORIHARA STYLE/ オリハラスタイル]

ディノス

7,344

私も小さな女優帽[ORIHARA STYLE/ オリハラスタイル]

東京・代官山ショップから流行した話題の女優帽。ひとりでもかわいい!子どもと二人だともっと可愛い女優帽が、ディノスキッズ&ベビーショップから登場です。 大人の女性向けて大ヒットした女優帽に子ども用サイズが登場。大人用のサイズを小さくしただけで、大人用とほぼ同じ仕様の本格派女優帽です。強い日差しの中走り回る、オシャレでやんちゃなキッズの日除けとしても大活躍!汗を書いても快適な素材を使用してます。お子様一人でも可愛く被れますが、ママと一緒に親子コーデなら可愛さ倍増です。帽子を被れば気分は小さな大女優です!立体成型を得意とするデザイナー折原尚氏東京生まれ。1897年から続く帽子製造業を営む両親のもとで育ちます。1991年に服飾専門学校のデザイン科卒業後、アパレルメーカーに入社し、商品企画開発に始まり、デザイン、パタンナー、バイヤーを経て、帽子デザイナーになります。その後、父親の弟子として、職人としての修業を経た後、2003年に自身の会社である「ラプト・トゥーコンプレックス有限会社」を立ち上げます。」以降、自身のブランドを立ち上げ、帽子専門店を都内に出店。また、アーティストやタレント、スポーツ選手等の帽子のデザインも手掛け、その中で新しい形の「女優帽」が口コミでヒット商品となっています。折原氏の得意とし、採用している3Dパターン製図は立体から製図を設計。オートクチュールやオーダーメイドの方式で、絶妙なシルエットラインが特長です。現在は、デザインナー業務の傍ら帽子の講師として東京モード学園・文化服装学院・バンタンで、そのデザイン・製図等の技術指導も行っています。

可愛いベビー・キッズ用品の子供服帽子、発売中!安心で安全、そして厳選された商品です!肌触り良くて動きやすいベビー・キッズ用品。子どもの成長に合った子供服帽子が見つかる!新作商品、続々と入荷中です♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、ベビー用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいベビー・キッズ用品が充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「子供服帽子」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ