「宮城県産」 の検索結果 2,880件

戦勝政宗 純米吟醸 宮城県産 1800ml

Amazon

3,629

戦勝政宗 純米吟醸 宮城県産 1800ml

【蔵元紹介】 創業は何と1688年! 仙台藩伊達家御用蔵として現存する唯一の酒蔵で、日本酒の醸造のみならず、伊達家800年の歴史と伝統を次世代に繋ぐことを使命としています。その一方、パリやフィレンツェに直営レストランを作り(現在は閉店)、仙台市内に東北随一の調理師学校や結婚式場、複数の本格レストランを運営するなど、新時代を切り開く革新的な蔵元でもあります。遠心分離機による贅沢な搾り、テロワールの概念、貴腐ワインをモデルにした日本酒、はたまた葉巻に合う日本酒まで、世界中のあらゆる料理とのマリアージュを狙った勝山の新日本酒はこれまでの常識を打ち破る新しい価値観を提供し続けています。世界最大規模の日本酒の利き酒審査会「SAKE COMPETITION」では上位組の常連。 【商品紹介】 伊達軍の軍旗をラベルモチーフにした戦勝政宗シリーズは、仙台の米・水・酵母を使い、仙台のテロワールを反映させた、「仙台を代表する最高の純米酒」がコンセプト。純米吟醸は仙台産の山田錦、蔵の華、ひとめぼれを駆使。滑らかな旨みと綺麗な酸で抜群の口当たりとふくらみを表現。濃醇ながらも透き通った味わいで優しく飲み手を包み込みます。ワイングラスでお肉料理と。

伯楽星 特別純米 宮城県産 720ml

Amazon

1,404

伯楽星 特別純米 宮城県産 720ml

【蔵元紹介】 創業1873年。「究極の食中酒」をテーマに、食を引き立てる名脇役を目指す蔵元です。五代目の新澤巖夫氏は、大学在学中より数々のきき酒大会で優勝するなど卓越した味覚の持ち主で、宮城県初の自社杜氏にして宮城県最年少杜氏(当時)として廃業に傾いていた蔵を再建させました。しかし、2011年の東日本大震災で蔵は全壊してしまいます。それでも新澤氏の不撓不屈の精神と彼を慕う蔵人と大勢のボランティアの助けにより、仕込み蔵(製造部)を柴田郡川崎町に移転、同年中に奇跡の復活を遂げました。2016年には日本最大の利き酒審査会「SAKE COMPTITION」にて「あたごのまつ」が第一位を獲得し、見事日本一に輝きました。 ラインナップとしては、新澤氏が自ら立ち上げた「伯楽星」のほか、地元に根差した「あたごのまつ」、限定流通で「残響」、「愛宕の桜」、「飛龍」などがあります。 【商品紹介】 酒そのものにはインパクトを持たせず、香りや甘みを極力抑えて醸された「究極の食中酒」。山田錦由来のふくらみのある爽やかな旨味とキレのある酸を表現した逸品。伯楽星らしいすっきりとした味わいの中にも、お米のほくほく感が感じられて後味の切れ上がりが心地良い。

伯楽星 純米大吟醸 宮城県産 720ml

Amazon

2,700

伯楽星 純米大吟醸 宮城県産 720ml

【蔵元紹介】 創業1873年。「究極の食中酒」をテーマに、食を引き立てる名脇役を目指す蔵元です。五代目の新澤巖夫氏は、大学在学中より数々のきき酒大会で優勝するなど卓越した味覚の持ち主で、宮城県初の自社杜氏にして宮城県最年少杜氏(当時)として廃業に傾いていた蔵を再建させました。しかし、2011年の東日本大震災で蔵は全壊してしまいます。それでも新澤氏の不撓不屈の精神と彼を慕う蔵人と大勢のボランティアの助けにより、仕込み蔵(製造部)を柴田郡川崎町に移転、同年中に奇跡の復活を遂げました。2016年には日本最大の利き酒審査会「SAKE COMPTITION」にて「あたごのまつ」が第一位を獲得し、見事日本一に輝きました。 ラインナップとしては、新澤氏が自ら立ち上げた「伯楽星」のほか、地元に根差した「あたごのまつ」、限定流通で「残響」、「愛宕の桜」、「飛龍」などがあります。 【商品紹介】 岡山県産の雄町を40%まで磨いた伯楽星の限定醸造酒。雄町らしいふくよかさと伯楽星らしいシャープさが同居した、素晴らしいバランスに仕上がっています。バナナやマスカットを思わせる穏やかな香りから膨らむ上品な旨味と爽やかな酸味、エッジの効いた後味のキレが心地よく、盃が進みます。派手な香りや甘みに頼らない食中向け純米大吟醸。

伯楽星 純米大吟醸 宮城県産 1800ml

Amazon

5,292

伯楽星 純米大吟醸 宮城県産 1800ml

【蔵元紹介】 創業1873年。「究極の食中酒」をテーマに、食を引き立てる名脇役を目指す蔵元です。五代目の新澤巖夫氏は、大学在学中より数々のきき酒大会で優勝するなど卓越した味覚の持ち主で、宮城県初の自社杜氏にして宮城県最年少杜氏(当時)として廃業に傾いていた蔵を再建させました。しかし、2011年の東日本大震災で蔵は全壊してしまいます。それでも新澤氏の不撓不屈の精神と彼を慕う蔵人と大勢のボランティアの助けにより、仕込み蔵(製造部)を柴田郡川崎町に移転、同年中に奇跡の復活を遂げました。2016年には日本最大の利き酒審査会「SAKE COMPTITION」にて「あたごのまつ」が第一位を獲得し、見事日本一に輝きました。 ラインナップとしては、新澤氏が自ら立ち上げた「伯楽星」のほか、地元に根差した「あたごのまつ」、限定流通で「残響」、「愛宕の桜」、「飛龍」などがあります。 【商品紹介】 岡山県産の雄町を40%まで磨いた伯楽星の限定醸造酒。雄町らしいふくよかさと伯楽星らしいシャープさが同居した、素晴らしいバランスに仕上がっています。バナナやマスカットを思わせる穏やかな香りから膨らむ上品な旨味と爽やかな酸味、エッジの効いた後味のキレが心地よく、盃が進みます。派手な香りや甘みに頼らない食中向け純米大吟醸。

戦勝政宗 特別純米 宮城県産 1800ml

Amazon

3,402

戦勝政宗 特別純米 宮城県産 1800ml

【蔵元紹介】 創業は何と1688年! 仙台藩伊達家御用蔵として現存する唯一の酒蔵で、日本酒の醸造のみならず、伊達家800年の歴史と伝統を次世代に繋ぐことを使命としています。その一方、パリやフィレンツェに直営レストランを作り(現在は閉店)、仙台市内に東北随一の調理師学校や結婚式場、複数の本格レストランを運営するなど、新時代を切り開く革新的な蔵元でもあります。遠心分離機による贅沢な搾り、テロワールの概念、貴腐ワインをモデルにした日本酒、はたまた葉巻に合う日本酒まで、世界中のあらゆる料理とのマリアージュを狙った勝山の新日本酒はこれまでの常識を打ち破る新しい価値観を提供し続けています。世界最大規模の日本酒の利き酒審査会「SAKE COMPETITION」では上位組の常連。 【商品紹介】 伊達軍の軍旗をラベルモチーフにした戦勝政宗シリーズは、仙台の米・水・酵母を使い、仙台のテロワールを反映させた、「仙台を代表する最高の純米酒」がコンセプト。仙台産ひとめぼれを大吟醸と同じ製法で醸した特別純米は、炊き立てのお米を思わせるふわっとした香りと凝縮感たっぷりの透明な旨みが特長。脂の乗った魚や肉料理、またご飯ものとの相性も抜群です。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「宮城県産」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ